宅浪落ちた。

宅浪して落ちたワイ。成功した人のオ〇ニー日記に飽きた人へ。

関正夫信者になって後悔した話。

f:id:TImirko:20190304021549j:plain

現役の夏ごろ、スタディサプリに出会った。

当時(2016年)はまだ名称が「受験サプリ」で、CMもバンバン見かけるというほどではなかった。

 

それまで存在は認知していたが、「月額980円でプロ講師の授業を受け放題」という宣伝文句が胡散臭くて、目にも止めていなかった。

 

だが、当時の私は成績が上がらなくて、予備校に通おうにも経済的に不可能だった。

だから、藁をもすがる思いで登録した。

 

半信半疑、いや、9割9分疑っていたが、そんな先入観はすぐに覆されることとなる。

 

最初に受講したのは英文法の講座だった。

 

これが”関正夫”という名前を初めて目にした日だった。

関正夫の人気の理由

今や参考書コーナーの大半を席捲する彼だが、何が彼をそこまで人気者にたらしめたのか。

私なりに思ったことを書いてみる。

 

革命的な授業内容を発信…したわけではない。

 

彼は「脱・丸暗記英語」を掲げ、さも「全く暗記が必要ない魔法の勉強法」を提供しているように思われがちだが、それは全くの誤解だ。

 

あくまで”丸”暗記の否定だ。暗記は必要だが、それを激減させる方法(彼はそれを「正しい英語」と言っている)を提供するよ、と彼は言っているのだ。

 

例えば、時制。

 

「現在形には3つの用法があって~…①現在の事実・状態、習慣的動作②不変の真理③確定的な未来の予定~」

 

というような従来の教科書や参考書の、長ったらしくて、英語の本質を無視した丸暗記の強要を否定し、

「現在形は現在・過去・未来形である」と端的に断言したのである。

 

詳しい解説は直接彼の動画を確認してほしいが、私は深く納得し、感動さえ覚えた。

 

そして、彼の教えの通りに「脱・丸暗記英語」を実践した結果、センター英語は2か月ほどで40点アップ。宅浪時は196点まで上げることが出来た。

 

もちろん、「メガフェプス」とか、よく分からないゴリ押しの丸暗記は一度もしていない。

 

さて、その「脱・丸暗記英語」の内容は彼が生み出した独自の技術で専売特許なのかというと、そうではないと思う。

 

多くの予備校でも、同じような内容の授業はされていたというし、参考書を見ていると、似通った解説のものも既にたくさんある。

 

それはきっと彼が本質を語っているからであり、全国の英語のプロフェッショナルからすれば、特に目新しいものではなく、共通の認識だったのであろう。

 

日本的で、非効率で慣習的な丸暗記英語の陰に隠れていたその共通の認識を、彼はデカい声で宣伝しただけなのである。

 

だが、ここが大事なのだ。凝り固まった受験業界に一石を投じるべく、月額980円という破格で全国の受験生に英語の真理を振りまく。

 

彼は今、「自分は間違いなく日本で一番多くの生徒数を抱えている」と豪語するが、それはいくらアンチでも否定しようのない事実だ。

 

この姿をみて教祖と呼ばずして何と捉えよう。

 

そんなことを考えているうちに、私もその教団の一員となり、関正夫信者となったのだ。

 

そして私は悔いた。

 

「もっと早く出会っていれば。」

 

 「自分に合った勉強法」

「守破離」という言葉がある。

 

まずは師の下で教えを守り、学んだ”型”を自分なりに研究、より良いと思われる型を作ることで既存の型を破り、やがて型から離れ、自由になるという言葉だ。

 

この思想をもって我が国の文化・芸術は発展してきたわけだが、受験勉強にも通ずるところがあると私は考える。

 

あなたの目指す大学は、学術界で何が議論されているのかを学ぶ場であり、自分なりの信念を持って研究を進める場である。

 

つまり、守破離で言えば「守」と「破」の場面に位置するのだ。

 

場合によっては6年間「守」に徹することも必要とされる。

 

大学に入ってからも「守」の立場であるのに、ろくに漢字も書けない受験生が「自分に合った勉強法」を模索することなんて傲慢が過ぎるとは思わないだろうか。

 

傲慢だとは思うが、私のような怠惰で意志薄弱な人間は、少しでも自分が受け入れやすい方法、楽な方法というものを探し求めてしまうのだ。

 

だが、師と呼べる人物に出会ってすべてが変わった。

 

師は凡夫がいかに凡夫たるのかを知っている。

求める者には救いを与えてくれる。

強欲も見方を変えれば貪欲だ。

真に楽を追求するのならば、心から慕える師に付こう。

 

その名前が関正夫でも関暁夫でも関ジャニでもいい。

 

今は教えを守るときだ。

受験生よ、忍び、耐えるのだ。

全ての師と言われる人物も通ったはずの道なのだから。

 

 

最後になって気づきましたが、ずっと師匠の名前間違えてました。

「関正夫」ではなく「関正生」です。

こんなんやから落ちたんやろなあ…

 

 

 

Twitter→ https://mobile.twitter.com/mirko_tomo

この記事の評価を↓からお願いします。