宅浪落ちた。

宅浪して落ちたワイ。成功した人のオ〇ニー日記に飽きた人へ。

タバコ童貞

初めてタバコを吸った。

 

キャスターの五番?

 

父親のを1本パクって自室でコソコソと。

 

 

喉を焼くような感覚で思わずむせた。

 

 

マジでむせるんやな。

 

 

 

この2、3週間嫌なコトが重なりすぎた。

 

 

 

バイトはダルいし学校も暇やし。

 

将来の夢が父親に絶たれた。

今流行りの毒親

いや、虐待紛いの暴力でしか教育できないクソ単細胞。

 

 

 

 

 

半分ほど吸った。

 

 

煙に少し慣れてくる。

 

一瞬頭がフワッとクラつく。

 

束の間の快感。

 

 

 

生きがいだった部活でも部員が不祥事起こしやがった。

 

連日対応に追われて、彼女との連絡が疎かになったころ、ケンカに。

 

 

女って面倒よな。

 

男をアクセサリ代わりに、インスタがどうの、ツイッターがどうの。

 

プレゼントの自慢をし合って、つまらん優越感に浸って。

 

 

おれはお前にプレゼントしてるんやぞ。

 

 

っていう自分も周りに見られて恥ずかしくないように、必要以上に高価で派手なプレゼントを選んで。

 

結局自分も周りの目を気にして、プレゼントもデート先も、言葉遣いも。

 

 

この世に2人だけなら幸せなのにな。

 

 

 

 

 

 

 

 

火が手元まで上がってくる。

 

 

 

 

 

あれだけ嫌いだった、21年間、嗅ぐだけで心を蝕んだキャスターの煙を、父親を、自分のモノにできたようで心地よかった。

 

 

 

幼い頃よく見たように、空き缶のフチで火を消した。